本の良さを再発見しましょう。

新社会人の1年生が読む本

共感できる本が見つかると良いですね


 戻る
新社会人の1年生が読むおすすめ本

  

 社会人になると1年目は、右も左も分からないものです。何を頼りにしたら良いのでしょうか。両親、会社の先輩、同期、友人。頼れる人は色々と居りますが、先輩などの言葉を理解するには、やはりそれなりの諸物を読む必要があります。本を読み咀嚼し、悩み意味を理解する。この一連のことは、働く中で常に必要で養わなければいけません。
 そこで、ここでは、この様なことを理解するために必要な本を紹介します。

   
1  アドラーの言いたいことが読み取れたら新社会人として、満足な一歩が踏み出せると思います。
 昨今の若者は、個性があるようでないのが現状です。拘りを持っていないと言っていいでしょう。いや、持っているのかもしれません。
 しかし、社会に出ると、拘りを推し進めることが非常に難しく挫折する人が多いのも事実です。
 この本を読んでどうすれば良いのか?これからの社会人生活を続ける上で一度は読んでおきたい本です。
 
2 日本一の大投資家から教わった人生でもっとも大切なこと  この様な本を読んでも新社会人にとって早くはないでしょう。
 どんな金持ちでも課題や問題は多いものです。その課題をクリアするために努力を惜しまない。
 クリアする次期が早ければ早いほど人生は、満ち溢れる幸福に包まれるものです。
3 入社1年目の教科書  社会を生き抜くための処世術が書かれている本と言えるでしょう。しかし、当然ですが全てが網羅されているわけではありません。新社会人の1年生には十分だと思い紹介します。
4 社会人になる前に知っておきたいこと  タイトルからすると新社会人1年目には、遅すぎるかもしれませんが、事実を分かり易く解説しています。
 直ぐに実践につなげられる本と言えるでしょう。
 社会人たる者の云々が淡々と書かれていますが、これが良いことを読み終わって気付くと思います。
5 働く君に贈る25の言葉  社会人に人気のある本ですが、社会人としての基本を知ることができると思います。社会人としての人生や家庭での人生。
 自分の人生を考えるうえでも読んで頂きたい本と言えるでしょう。是非に若い社会人には読んでもらいたい本です。

   おすすめ本のランキング
Copyright(c)2013おすすめしたい本の一覧 All Rights Reserved.