本の良さを再発見しましょう。

大学生が就職活動で読む本

共感できる本が見つかると良いですね


 戻る
大学生が就職活動で読むおすすめ本

  

 大学生の3年生にもなると就職のことが気になってきます。就職活動とは?就職活動と言う言葉が踊りだし、ふと自分の大学生活を振り返ったり、自分が何をしたいのか?就活ブルーが始まります。そんな、悩みを取り除くために、就職活動の情報を与えてくれる本や就職活動を教えてくれる本を読む必要があるのです。当然ですが先輩や先生に聞くのも必要であり重要です。
 何れにしろ、自分が行動して就職活動の知識を得ることが、まず第一歩となります。
 海外の学生でインターンシップ制度を利用している人は、やはり考え方がしっかりしています。また、日本の学生で海外にインターンシップ制度を利用している人も考えがしっかりしています。これらは、事実として言えることです。
 就職活動は、人生を左右する岐路になる活動でもあります。自分がしたいこと進みたい方向をしっかり持って活動したいものです。就職活動前には見ておきたい本集を参考にすることをおすすめします。

   
1  こちらの本は、昨今就職活動をする人、している人に読まれている本です。
 優秀な大学を出たからと言って就職内定がもらえるか?と言ったら、そんな簡単ではありません。社会人は多くの人と接しながら仕事をしています。学生のように閉ざされた仲間内だけで仕事は出来ません。
 自分が何をしたいのか真剣勝負で挑めば必ず道は開けます。就職活動は、内定をもらうことが目的ではないことを、この本から感じ取って欲しいものです。
2 就職四季報 2015年版  各会社の情報が記載されています。自分が望む会社の内情を知っておくことも大切でしょう。
 就職前も就職後も会社の情報はアンテナを立てて敏感になっていることが大切です。
3 受かる! 面接
力養成シート
 この本を読んだからと言って受かるとは限りません。そしたら、誰もがこの本を読むでしょう。ここに書かれている本質を見抜くことで自分の良いところ悪いところを客観的に見つけ出し良いところを伸ばす訓練をしましょう。
4 採用基準  就職活動でこの会社には入れれば、将来が安定。ぬくぬく。目的が会社に入ること。
 会社に入ってからが勝負。本当の意識改革や考え方をガラッと変えられた人がその先のさらに先と視野が広がって行く。マッキンゼーの社会人教育教育とでもいうのでしょうか。
5 何のために生きるのか  就職活動に意味がなさそうに思える題名です。自分の為に仕事をするのか?
 視点を広げられる一冊。どの様に広げるかは読んだ人の本質によると思います。 
 仕事して、仲間のアイツが楽になるな!アイツが楽になればヤツが嬉しく思うな!ヤツが嬉しいと・・・・。広い視点を持てると自分も社会も今よりずっと良くなるのだが。

  おすすめ本のランキング
Copyright(c)2013おすすめしたい本の一覧 All Rights Reserved.